国際交流

2009.08.23

un peu...

「CHOTTO チョット・・・」
モナコ出身のアートディーラーステファノが、ある決まったシチュエーションでしばしば口にするコトバ。(因みに第二位は、形容詞『ダイナミック』かな、何故だか人に用いる)
昨年夏、六本木ヒルズのロブションにて。自らセレクトしたブルゴーニュワイン(ピノノワール種、ワインの王様)をエレガント且つ手馴れた手つきでテイスティングした後、グラスにワインを注ぎ入れたギャルソンに向かって、あともう数センチだけ・・・みたいな仕草をするモナコ王子。
「ハァ~?!」
見たことないのだが、お笑いの番組では、みんなずっこけてしまうシーンに違いない。
例のごとく私はSTACのキャリーお得意の表情、なんともいえない困惑した表情を浮かべていたが、彼への好感度が一気に急上昇!

因みにこの「少し」ってミソだと確信する。チョイ悪オヤジの生みの親、元レオン編集長岸田一郎さんもおっしゃっていたのが、日本人は他人と大きく異なるより少しだけ異なるということに安堵感を抱くんだとか。うーむきわめて日本人的マインドセットと思いきや、最近この少しというのも大事なのかと。バレエの第一アラベスクの完成形は、「上半身の少しの伸び上がり」「後ろに上げた足の捻り ターンアウト」があるかないかでは綺麗さが格段に違うではないか。新国立劇場バレエ団AKIKO先生、分かってはいますが、できそうでできません・・・!

さて!

目下私は、とにかくモナコに夢中・・・!!
先月はルクセンブルグが面白いだの
歴史が深いモロッコに行きたいだの
やっぱり故郷はイギリスだの
グルメと遊び心はイタリア人だの
世界一刺激的な街NYで暮らすためなら何だってするだの、、、
好き勝手を言っていたのに、この浮気性は止まらない。

同じことをやるのならそこにきちんとした意義を見出したい・・・
世の中の人々のステレオタイプを打ち破るきっかけ作りがしたい・・・
自らも学習ができ成長できるようなことをあえて挑戦したい・・・そんな私にとって、冬のモナコのPRプロジェクトに少しでも関わる事が出来ることは最大の歓びでもありチャレンジだ。

とある木曜日の夕方。極上のパノラマビューとフレンチが堪能できるレストラン「ビクターズ」@ウェスティンホテル恵比寿に足を運んだ。入り口に二つ、天井に一つのシャンデリア、ミロのビーナス張りのミニ彫刻などが施されたゴージャズな個室にて、モナコの勉強会が執り行われた。

◎株式会社シンクロニシティ代表取締役社長 空間デザイナー 日本画家 角章氏 
【店舗デザイン、インテリアデザイン、空間デザイン、Webデザイン、グラフィックデザイン】

◎株式会社オータパブリケイションズ 毛利 愼氏  
HOTERES(週刊ホテルレストラン)元編集長。現在、経営調査室 外食産業担当部長 兼 編集プロデューサー。
http://www.transit-web.com/issue/kimonodego/

◎株式会社 アイランド代表取締役 粟飯原理咲氏  
【WEBを活用したコミュニティメディアのデザイン、企業-生活者間のWEBコミュニケーション設計、女性向けポータルサイトの運営 】
http://www.cafeblo.com/risaa/m/200907

◎株式会社 グランドスウェル 代表取締役 西牟田実氏
【イベントや展示会、店舗開発、北イタリアのオペレ・ソノーレと言う音響システムの輸入・販売の総代理店】

などなど、、、皆様、卓越したキャリアとビジネスセンスに加え、フレンドリーでチャーミングなお人柄をお持ちで、その感性や好奇心、オーラはとどまるところを知らない・・・。お盆休み明けというお忙しい中一同にお集まりいただき、私が今こよなく愛する、マイブーム・カントリーの料理をご一緒いただけるなんて、仕事とはいえ、至極のひと時。

何時も必ずしもそうではないが、己が心の底からイイ!と思ったことを、届けたい、共に分かち合いたい人々に向かってお伝えできることは、一番の快感。(例えば、「留学ジャーナル」など然り。)食事タイムはなおさらのこと!

フランスとイタリアに挟まれ、地中海の豊かな恵みを受けたモナコでは、最高の食材に創意工夫が凝らされた多彩な料理が楽しめる。伝統的な郷土料理として
ストックフィッシュ: 干しタラをトマトソースや野菜などと一緒に煮込んだもの
バルバジアン: お米とかぼちゃ、ほうれん草をつめたペーストリー
フーガス: ナッツやアーモンド、アニスを飾ったペーストリー
などがあるが、だらだら注釈はこの辺にして、メニュー・お品書き~と行こう。

カワハギのカルパッチョ 肝のコンフィとカマの塩焼き 若布のブリオッシュを添えて
carpaccio of filefish served with seaweed wakame brioche

ニコラシェフ特製 ブイヤベース
nicoloa's chef speciality bouillabaisse

グラニテ
granite

仔牛背肉のソテーと旬の野菜 サマートリュフとクリームソース
sauted veal rack with summer truffles cream sauce

白桃のコンポートとブラッドピーチのシャーベット チュイルを添えて
combination of white peach and blood peach with biscuit

コーヒー 紅茶 ハーブティー 小菓子
cafe/tea/herbal tea petit-fours

セレブやF1、グレースケリー カジノ・・・といったこてこてイメージとは異なり、ちょっとの頑張りで様々な楽しみ方がある。冬のイベントなら:

・ クリスマスマーケット 12月4日~1月3日 
・世界最大級の国際サーカスイベント、国際サーカスフェスティバル 1月14~24日 
・世界で最も歴史あるモータースポーツのひとつ、モンテカルロ・ラリー 1月21~24日 
・往年の名車が一堂に会する名物レース、ラリー・クラシック 1月29日~2月3日 
・世界中から約3000人のランナーが集まり、モナコ・フランス・イタリアの3カ国を走るマラソン大会、国際モナコリヴィエラマラソン 3月21日 

近々、これからのシーズンは、ジャズフェスティバル(11月26日から29日)や、
パリオペラ座を手がけたシャルルガルニエの傑作で、ベルエポック調の内装が美しいオペラハウスでバレエ、オーケストラを鑑賞などいかが。

<モナコトリビア>
・モナコ人の先祖はイタリア ジェノバ人 
・モナコ人(モガネスク)は7000人ほどで全体の2割、マジョリティーは外国人 英語も通じる 
・バチカンに次いで世界で2番目に小さい(面積は皇居の2倍、徒歩で東西40分、南北5分;観光バスなら30分で見所巡りが可)
・山がちな国土で、公共のエレベーターが充実 駅の殆どが地下化
・住民の60人に1人の割合で配備されている警官は人気が高い職業 (で、カジノのディーラーはどうなの?マカオはそうらしいが・・・)
・ヘリコプターチャーターツアーはおよそ10000円
・世界的に見ても人口密度が高いものの、国土の約20パーセント以上が緑地面積
・カジノから徒歩5分の場所に、7000平米の広さで、お茶室や錦鯉の泳ぐ小池も揃えた本格的日本庭園があり。
親日家グレース公妃の念願かなって、九州の庭師・別府保男氏が手がけたもの。
・世界最大規模のスパ施設 かの有名なヘアピンカーブを眼前に見渡しながらスパ三昧?!

芸術・娯楽、自然、グルメ、美容、共に均整が整っていて、それぞれイイとこどりというか、ポジティブ要素が凝縮された宝箱のよう。年間300日晴天が続くモナコ、冬も地中海の宝石として輝き続ける。知れば知るほど、年を重ねれば重ねるほど、大人の娯楽・リゾート地として魅力が一層感じられること間違いなし。

何より、三ツ星レストランで高級ワインをちょっぴりおねだりするステファノ君や、日本食、とりわけ明太子に目がない、老舗ブランドレポシ勤務のソフィーさんのような愛らしいモナコ市民がいらっしゃるのだから・・・!

あっ、そうだ、モナコ大公は御結婚されても王子様、プリンスですからね。

2009_0822200901220020 2009_0822200901220021 2009_0822200901220022 2009_0822200901220023 2009_0822200901220025 2009_0822200901220026

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.09

survival of the fittest

「草食でも肉食でもない、和食を選びました・・・」

場所は、表参道交差点から程近い創作日本料理のお店 ICHIZU(イチズ)。

トキという鳥の生命の営み、とりわけメスとオスのラブゲームの衝撃のてん末に
大口を空けて”受けている”私を見て、前駐ルクセンブルグ大使で内外政策評論家の小嶋光昭氏は、かけていた眼鏡を外し、はし置きの横に置いた。そして嬉しそうに話を続ける・・・。

<放鳥トキ、佐渡は雄だけに  島に戻った雌、再び本州へ>

 環境省関東地方環境事務所は4日、新潟県佐渡市で昨年9月に放鳥されたトキ10羽のうち雌1羽を本州側の新潟県上越市で確認したと発表した。 放鳥された雌5羽のうち死んだ1羽を除き、雌はすべて本州に飛来。佐渡島には再び雄しかいない状態になった。 同事務所によると、トキは個体識別用に翼に着色された塗料から「個体番号13」の2歳の雌と確認。3日午後0時半ごろから約3時間、田んぼで餌を探していた。住民は「2、3日前から来ていた」と話しているという。 (6月4日共同通信)

<放鳥トキなぜ?メス全部海峡越え、佐渡はオスだけ 繁殖絶望>
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090329-OYT1T00469.htm?from=navr

情報をいただいた小嶋氏は現在、内外政策評論家(Policy Essayist on global and domestic issues)、 グローバル・ポリシー・グループ 代表(Representative, Global Policy Group)を務められており、日本のトップ外交官でいらっしゃる。日比谷高校、慶應義塾大学卒業され、1970年外務省入省、71年同大学院経済学修士課程(経済政策)修了。アメリカエール大学修士(国際政治)。外務省在職中は、前駐ルクセンブルグ大使(Former Ambassador to Luxembourg)、元駐ネパール大使(Ex-Ambassador to Nepal 1999年7月-2001年11月)などを歴任され、ルクセンブルクより、大十字章(Grand-Croix de l'Ordre de Merite)受章された、外交一筋のお方。

月曜日の夜、表参道で会食をご一緒することだけでも極めて恐れ多いことなのに、
レクチャーは、北朝鮮の拉致問題・防衛ミサイルの話から、ルクセンブルグ&ネパールの知られざる魅力、そしてなんと!恋愛にかける駆け引きにまで及んだ・・・。

ルクセンブルグには世界遺産が一つある。 もともと断崖絶壁の上に築かれた城を中心に発展した小国だけあって、旧市街も中世の趣が漂う。 
そんなルクセンブルグは第二次世界大戦中激戦エリアで、命を落とした米軍兵士はその数およそ5000人(イラク戦争は3000人)だとか。特産物はチョコレートだけではない、ワインやシャンパンの有名なブランドはベルナールマッサールといい、KINOKUNIYAで好評発売中。

そして!なんといっても強烈インパクトを与えてくれたのはネパールだ。

先ずは基本情報 (世界の国と人びと学習帳 より)

ネパール連邦民主共和国 Federal Democratic Republic of Nepal
首都カトマンズ
主要言語 ネパール語
面積14万7000キロ平方メートル
人口 2770万人
通貨ネパールルピー
ヒンズー教80.62パーセント 仏教10.74パーセント イスラム教3.6パーセント など
一人当たりのGDP 約240ドル
平均寿命 62歳
安全な水を使える人口 90パーセント
穀物自給率 106パーセント
CO2排出量300万トン
ネパール在留邦人数 450人 06年
在日ネパール人数 5029人 04年

8000メートル級の山が世界で10つある中で、その8つが存在するというネパール。
エベレスト登山者のためのエベレストビューホテル(宿泊ゲスト数は10名)は標高およそ3900メートルのところにあり、眼前には更に5000メートル高い山山が聳え立つ。
世界一(??)高い飛行場の一つルクラ(Lukla)はネパールの首都カトマンズから西へ150kmの町。既に標高は2840m、ここからエベレストベースキャンプまで単独トレッキングが始まるのだが、この飛行場にプロペラ機で降り立つときのすえ恐ろしさといったら・・・。
たった一本しかない滑走路は平坦でなく下り坂になっており、山の尾根を舐めるようにしてランディング。目の前にある山に向かって離陸し、その先は谷底。小嶋氏によると滑走路の傍らに事故に遭遇したプロペラ機が置いてあったそうな・・・。

そして、ネパールの王宮内銃撃事件2001年の王族銃撃事件

は、融和主義を謳っていたビレンドラ国王がその家族全員とともに殺害され、王弟のギャネンドラが即位したというものだった。

そんな人生観が揺さぶられるような壮絶な体験、冒険の数々をされてきた小嶋氏だが、
外資系・肉食女子の私の恋愛話にもお付き合いできるほど懐の深さ(+ノリの良さ)も。
男性の行動パターンを解読するためのヒントなど、お教えいただいた。

↓キーワードは御本人が命名:

マジハン (マジ・ハンティング) 
プレハン (プレジャーハンティング)

トキのメスを見習って、われわれ人間も動物的な本能に目覚め、自然に帰るということが必要とされているのかもしれない。ともかく私は、3年間、イチズに「マジハン」するミッション、猶予を与えられたのだった。

楽しい会食を終え、表参道交差点で別れ際私が目にしたのは、眼鏡をかけなおしたエリート外交官のきりりとした御姿。大使をリタイアした現在でも、常に日本国民を守る使命感に燃え、より良い日本を作るための政策を提言すべく執筆や講演活動をイチズに続けていらっしゃる。

そんな小嶋さんにとって、私という人間は、どんな国民に映っているのだろうか。

まずは私、山に登りたくなった!

2009_0707200901220010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.26

alice in wonderland...

Too little time too much to do...ahhhh not enough hours in the day!!

時折、「アアァー 時間がない~!」とかけずり回っているウサギと自分の姿を重ね合わせる。いつの間にか、最近変えたばっかりのゴールドカラーの携帯電話が、傷だらけでぼろぼろになってゆく(エディターズバッグにモノを詰めすぎて携帯がこぼれ落ちる為)・・・。

過去4年にわたり、番組を通して世界117都市以上のOL事情をリサーチしてきたが、
ご協力をいただいた女性レポーターの方々との出会いはかけがえのない宝物。自分が死ぬまでに、一人でも多くの方々に直接逢いに行くか、日本にいらっしゃった時にお逢いし、感謝の気持ちを伝えたい。これが自分のミッションだと強く信じている。

水曜日のランチ。生憎の雨の中、気合を入れて真っ赤なチュニックワンピに着替える。

忙しいときほどお洒落を! という逆説の法則(My motto):

難しいニュースや記事ほどわかりやすく伝える

ハデ顔だからこそヴィヴィッドで華やかなデザイン&カラーのファッションに挑戦

安い服でお洒落に魅せる

男女は性格が全く逆でも寧ろそれが、相互補完しあっていい

因みに私はとってもSに見えて実はドM :) 

さて。自由が丘のスペアリブのお店Shuttersへ、モロッコ関係の女性お二人をランチに誘う。お二人の共通点、それはモロッコ事情に大変精通されているだけではなく、モロッコ人のだんな様をお持ちだということ。ベルベル人のだんな様、、、ということはお子様は日本人とベルベル人のハーフ!!ご家庭ではフランス語と日本語、時によってベルベル語が飛び交っているそうな。ベルベル人というと私はジダンのイメージが強いのだが、下記のような定義がされている:

http://en.wikipedia.org/wiki/Berber_people

北アフリカの広い地域に古くから住み、アフロ・アジア語族のベルベル諸語を母語とする人々の総称。北アフリカ諸国でアラブ人が多数を占めるようになった現在も一定の人口をもち、文化的な独自性を維持する先住民族である

その他、自由関税都市タンジェ、モロッコ鉄道、料理、モロッコ美容のガスールやローズウォーターなど、話が尽きない。

モロッコ・トリビア:

・モロッコにはCD屋さんがなく、屋台みたいなところで売られている。
・UTADAはモロッコで有名 ラジオ局でヘビロテ 
因みに一番有名な日本人はナカータ!シュンスケは発音しにくい為定着していない模様。
・最大の娯楽は(お喋りを除くと)テレビ。数百にも及ぶ衛星放送チャンネルは、有力な情報入手ツール
・モロッコ人男性は焼きもち屋さん。育児に非常に協力的。
・水を使わず調理できるモロッコ代表料理タジン。本場では意外にレパートリーが少ない。
・アフリカやアラブ、ヨーロッパの文化の交差点として発達してきた歴史のお陰か、異なる分化や言葉に対 して寛容なナショナリティーを持つ。例えば、独立したばかりのアメリカ合衆国を初めに認めたのはモロッコ。第二次世界大戦中、ドイツに支配されたフランス政府の意向でユダヤ人の迫害が要求されたのにも関わらず、国王自ら国内のユダヤ人の迫害を拒絶した。イスラム教が国教だが、ユダヤやキリスト教も禁止されていない。

などなど。

塩味のスペアリブや焼きカレーも美味しかったが、次回は、カルタゴ(中野)で、タジン&クスクスを味わい、〆に(シュガー少なめ!)ミントティーを頂きたい!

その日の夕方。

バレエのレッスンの後、青山のイタリアンディナー@カフェピアディーナの前に、軽く一軒。ファッション関係の知り合いに誘われ六本木のイベントに向かう。そこでは、コロナビールの缶やボトルが至る所山積みになっていた。

バドガールもいればコロナガールもいる、コレ当然ね。

しかしながらアウトフィット露出度やデザイン性はコロナが勝利だろう。ブランドPRの女性のピアスもコロナという徹底ぶり(しかもハンドメイドで、点灯する)

さてディナーのメンバーは、何時も大変お世話になっているギリシャとポルトガル政府観光局の女性スタッフと、BSフジの旅番組の制作スタッフさん。

ポルトガルも最高に素敵:

ラテンでありながら、どこか憂いがあって、陽気なラテンっぽくないナショナリティー。
お料理は甲殻類をふんだんに使い、お米料理が豊富。
ポルトガル風演歌、ファドへの回帰のトレンドが特に若い女性で見られる。
グリーンの微発泡ワイン ポートワインが名物  コルクはポルトガルの特産物
バカリャオ 干しだらのレシピは300以上! ママンの味。
リスボンのジェロニモス修道院がエッグタルトの元祖、

私は時々、西麻布「ビィダマダレナ」や赤坂サカスにあるポルトガル料理やさんには行くが、今度は四谷マヌエルもチェックしたい。豚の耳や足、ベーコン、あらゆる野菜のごった煮、ポルトガル風おでんのコジード・ア・ポルトゲーサに挑戦だ。

おとぎ話の世界から帰ってきたら、現実が待っていた。体重計に乗り下腹部を見やると、まさに 卵キャラHumpty Dumptyそのものだった!

2009_0625200901220004

2009_0625200901220009_2 2009_0625200901220005

2009_0625200901220001 2009_0625200901220006 2009_0625200901220007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.24

this is heavenly! i get off to a bad start but all ends that ends well they say :)

「今日もっとも悪い運勢は・・・ ごめんなさいー牡羊座のアナター!!」
朝起きて耳にした第一声がコレ。

「プライドの高さ えらそうな態度が周囲の人に反感を買うでしょう」

そういう日に限って収録・取材・打ち合わせ・イベントが目白押しなのである。連日寝不足で、最近のマイテーマ、女性ホルモンの生成時間(夜10時から午前2時頃にかけて)を逃しているというのに。

気がめいりながら市ヶ谷にあるルクセンブルグ大使館へと向かう。ルクセンブルグ大使館に行くのは、今年初め頃、ゲイフレンドのアントニオのバースディパーティー以来。

今日6月23日はルクセンブルグのナショナルデーということで大使館には各国大使や政府関係者、観光関係、マスコミ報道関係者たちで溢れ帰っていた。スーツ姿の外交官&政治家に加え、アフリカ、東欧、インドなどの国々のカラフルでユニークな民族衣装に身にまとった人々が一同に会し、ミニ国連状態。梅雨の中休みの今日、東京は30度を越え、ぎらぎらの太陽のもと、更に眩しかった。しかも彼ら、真昼間から躊躇なくシャンパンや日本酒、ワインを飲んでいる。

シャンパンの他頂いたのは、
ローマ時代から作られているワイン
魚介入りクスクス&パスタ
カプレーぜ 
サーモンのオープンサンドイッチ 
ジャーマンドッグ
生ハム プロシュート と メロン
デザート 胡桃やマンゴーが入ったタルト
ルクセンブルグのスイーツブランド Namurのロゴが入ったビスケット、チョコレート 
ダークチェリー 
グレープ 注)外国の方々は皮ごと頂いちゃいます。

2009_0623200901220002

会場には、すべてのキャリアウーマン憧れのロールモデル、緒方貞子さんや猪口邦子議員の姿も。猪口さんは、私が大学生時代、まさに講堂で国際関係論を講義をされていたのだが、(学生の間では立石に水トークが評判だった)*年後にこんな間近で、ルクセンブルグのバイリンガル教育について、英語でコミュニケーションするとは思ってもみなかった。

御招待をいただいたPaul Steinmetz大使と一緒に。今年に入って初、ルクセンブルグと上智大学の間で交換留学システムが実現し、実に嬉しそう。因みに写真家のハービー山口さんにも再会!丸の内でルクセンブルグに関する展覧会をされています。

2009_0623200901220001

2009_0623200901220003

ルクセンブルグ大公国 Grand Duchy of Luxembourg(情報ソース『世界の人びと学習帳』 ポケットサイズで持ち運びに便利)

首都 ルクセンブルグ 
主要言語 ルクセンブルグ語 フランス語 ドイツ語
面積 3000キロ平方メートル 人口50万人 通貨ユーロ 宗教 カトリック
一人当たりのGDP 8万7955ドル(06年)
平均寿命 80歳
安全な水を使える人口 100パーセント
CO2排出量 1130万トン
ルクセンブルグ在留邦人数 360人(06年)
在日ルクセンブルグ人数 22人(06年)

神奈川県くらいの大きさなのに、国民一人当たりのGDPは世界一。ICTのグローバル企業が拠点を設ける・・・。

今日の一番の発見、それは、御伽の国ルクセンブルグは、なんと長野県木島平村と姉妹都市協定があるらしく、日本の太鼓団を派遣したりしてさまざまな文化交流を図っているそうな。村長&副村長もダンディーなバイリンガル紳士で、村長さんの娘さんはルクセンブルグに嫁がれたそうで。
 
そうだ。ルクセンブルグも長野県木島平村も番組で同時に取り上げてしまおう!

それから。今年6月着任されたばかりの駐日スロヴァキア大使にも色々とアイデアを頂きました。

東京にはグルジアとベラルーシとクロアチア料理やさんはあるのに
どうしてスロヴァキアやウクライナ料理やさんはないんだろうか。
もちろんルクセンブルグも!

BTW  what r ur thoughts on Radio Luxembourg?!

さてと。明日はモロッコ、そしてギリシャとポルトガルに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)