美容・コスメ

2009.08.09

one fateful &rejuvenating sat evening in Mishuku....

「頑張っているカラダですね」

「・・・」

そうおっしゃったのは、私のかちんかちん&パンパンに張った体の施術を終えた
三宿の隠れ家エステサロン、サロンドスウィンのオーナー田中由佳さん。何時も御世話になっているライターの小田島久恵さんも大絶賛される、ゴッドハンドの持ち主だ。

マッサージ中、頭のてっぺんから顔、手、デコルテ、みぞおち、ひざ、脚の裏、つま先まで、全身のあらゆる部位を刺激され、カラダ全体の連携性やリンパの流れを感じた。

己のカラダを知り、触り、労わってあげること。

マッサージ・エステに疎い私、毎日、全身ミラーで自分の体を眺めては、自己流でオイルやスリミングを使って脚マッサージをする程度。

田中さんの渾身の施術、彼女から精一杯贈っていただいた『気』を一身に受け、カラダに衝撃が走った。体のあらゆるネジや神経を緩め、関節の歪みを元の位置に戻すという施術。

「ココまで頑張らなくても・・・こうなる前に来ないとね。」

そのコトバを聞いたとたん、感無量というか、涙が出そうになった。自分孝行タイムだよ、という女友達の言葉が思い出される。

そもそも、好きな人々を癒し(度々使っているも、実はあまり好きではないコトバ。。。他に見つからない)、リラックスさせるには、先ずは自分が癒されないと、そんなシンプルで不順な気持ちで予約をしたのだった。

ストレス解消や美容のため、必死に運動とストレッチに励み、仕事の移動中にはひたすらバレエシューズで歩く。日々エネルギーを出しっぱなし、その熱いエネルギーを常にキープ&生成するために、更にカラダや精神を酷使して、無理をしてきた。私というカラダは年中無休のオイル精製工場だったのか・・・。自分を休めることが次の真のエネルギーに繋がるということを露知らず。

自分を「正しく」愛することが目下、最大のマイテーマ。

8月初旬の土曜日、サマーソニックと東京湾花火鑑賞パーティーが、マッサージへと美しく消えた!

http://www.shwin.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.04

it doesnt actually cost/take much to look fabulous....

最近L25の記事を読んでいたら、これからの季節、ジョギングなどのAerobic Exercise有酸素運動をするよりも、ストレッチや筋力トレーニング、体の内臓機能を鍛えるほうが効率的に痩せられるらしい。でもその内臓機能はどのようにすれば高められるのかについては、残念ながら詳しく書かれていなかった・・・。今週一週間、どういうわけか内臓が重たく感じる。どんよりとした曇りの空、じめじめとした湿気、そして長雨も、内臓に悪影響なのだろうが、そういうときに限って、仕事やバレエの先生の都合でレッスンに行けないことが多い。

明るい色の服を着る、好きな香水つける、ヘアスタイルを少し変えてみるなど、気分転換のツールは様々なのだが・・・。

イベント前に少し時間が出来たので、久しぶりに渋谷の西武・CHANELメイクアップスタジオを訪れた。

私は大変幸運にも、仕事を通じて、ファッション業界やタレントの方々にお目にかかり、直接に彼らのファッション観についてお話を伺う機会がある。

ポールスミスさんや高田賢三さん、ロンドン、パリ、ミラノ、そしてNY在住のファッションジャーナリストさん、東京FMホンダスイートミッションでお世話になったジローラモさん、シェイラさん・・・

皆様、とてもシンプルだが実践しやすいヒントを教えて下さる:

雑誌を見てセンスを磨く。
自分のロールモデルを見つけ、まずその人の真似から始める。
パリジェンヌは本当はそんなにお洒落じゃない! トレンドよりも個性重視 自分に本当に似合うものをよく知っている。
友達と服の取替えっこをし批評しあう
ロンドンのOL、ファストファッションブランド、古着やチャリティーショップを有効活用 パーティードレスはレンタル

などなど

ELLEの森編集長がおっしゃっていたのが、プロのアーティストにメイクを教わること。しかもフリーレッスン!

何時もメイクの指導をいただく 湊さんと。この日はパーティーメイクをレクチャーいただいた。

2009_0703200901220007 2009_0703200901220008

そして、CHANELといえば・・・今年はココシャネルの年、待望のココシャネルの新作映画の試写に行きます!
彼女の自伝もしっかり復習して、臨みたい!

chanel: her style and her life by janet wallach

2009_0703200901220014 2009_0703200901220015

| | コメント (0) | トラックバック (0)