グルメ・クッキング

2009.08.14

im lovin' it...

2009_0813200901220015 ・・・ムム? なんだこれ?ロデオドライブに灸ですか?

アジアっぽい屋台や薩摩料理店(さつまや)、アメリカンダイナー(HomeworksやZEST)に雑貨やさん、スタバ。角っこにはお寺があって、ハス向かいにはお洒落なフレンチビストロやエノテカが並ぶ。夏の広尾商店街のエネルギーがたまらなく好き。突拍子もない発想・コンビネーションや、ファニー・イングリッシュを発見すると自然と表情が綻んでしまう。

ハイ、ロンドン在住の広告マン正雄さんに、最近内容が重過ぎる!とクレームが入りましたので、軽やかに明るく行きます~

とはいっても今週はパーティー&イベント三昧ではなく、非常に充実で密な時間と会食を体験している。言わずもがな、料理も非常にフル&ボリューミーで、ワインが止まらない。
撮影会やイベントMCなど控えているのに、危険だ・・・。

白キスのフリット 野菜のサルサ
青森県ホタテサラダ (巨大!立派!)
サザエのソテーとニラバター
アナゴのスチーム (中の大根は湯葉に包まれているという逸品)
トマトスパゲッティ
イベリコ豚 エシャロット トマト 刻んだツブマスタード

↑ 恵比寿にある Ricos’s Kitchen シェフのお任せディナー2009_0813200901220014

シャトーモンテリーナ(白ボトル) と ロバートモンダビ(赤グラス) と、NAPA尽くし。〆はハーブティーを2種(カモミールとミント)をミックスしていただく・・・。

翌日は自然派ワインが楽しめるフレンチ ル・ギャルソン・ド・ラ・ヴィーニュへ。ブルゴーニュの赤を飲みながら、大好物の羊のテリーヌと箱根山麓豚の塩ロースト マスタードソースをつまむ。フォアグラの赤ワイン煮込み・・・付け合せのフィグが甘酸っぱさが、ドイツワイン並にやたら甘い白ワインと絶妙にマッチする。

その後、広尾にあるバーを2軒。そのうちの2009_0813200901220018一つのルーフトップのバーでは、バーテンがフルーツバスケットを持ってきた!

モナコのモンテカルロSBM、日本オフィスのマネージャー伊藤さん、リゴレット横浜店を今月オープンされる新川義弘社長、本当にどうも有難うございます。大ファンとして、今後益々リゴります(宣言)。

DAZED AND CONFUSED と NYLONの戸川貴詞社長と、大好きなコスモにSALUT!

2009_0813200901220020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.19

colour me baad...

引き続きカラーに関連して:

2009_0714200901220016 2009_0714200901220014

2009_0714200901220012

イタリアン餃子を考案されたジローラモさん。六本木ヒルズケヤキ坂にオープンしたレストラン&バー「&」の名物メニュー、3色水餃子トマトソース Tre Colori Water Gyoza。そのほか イタリアン野菜ととろりチーズの焼き餃子 Italian Veggie Gyozaや博多ボッコンチーノ餃子(Hakata Bocconcino Gyoza)も試食させていただいた!オーナーの角氏、そしてご招待をいただいた外食ビジネスのドン、毛利慎氏に大感謝。

2009_0714200901220002 渋谷駅近くのフルーツ屋さん。 餃子もスイカもメロンも、先入観、偏見を捨てて楽しまないと・・・。

2009_0718200901220005 麻布十番のクラブLIME。オープニングイベント当日は満員御礼で、会場は熱気むんむん・すし詰め状態なのに、巨大水族館の中に身を置くと、暑さが半減されてクールな気分に。

2009_0718200901220002 レストランオープンに沸く六本木ヒルズ。毛利庭園エリアにさっそうと登場したジャパニースレストラン ARATA。金曜日の夜というのに、新川社長の予想をはるかに超える1500人のプレス関係者たちが祝福に駆けつけた。

2009_0718200901220013 渋谷の神山町にオープンしたばかりのイタリアンレストラン OH!NO!BUONO オーナーの大野さんは、琉球中華ダイニング 「たま」の料理長から長年の夢(野望?)のイタリアンのシェフに転身。フォトグラファー峯村氏、ご紹介を何時もどうも有り難う!  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.30

Veggin' out...

2009_0629200901220010

一日一肉 肉食の私だが、最近は専ら野菜漬けというか、野菜づいている。
自ずと野菜たちと写真を撮る機会が増えてまいりました・・・。

仕事柄外食が多い私に母が口すっぱく言うこと、それは、食事の時、野菜・サラダを先に摂ること。そうすることで脂肪の吸収が遅れるのだとか。

お隣韓国では焼肉屋さんに行くと、阿他かもフレンチ・カフェでバゲットが次々出てくるような感覚で、レタスがたんまりサーブされるが、こういったことが、スリム&美肌のソウル女性の強い味方になっているんだろう。

お野菜たちは、最近のマイブームの一つ「女性ホルモン」とも非常に密な関係を持っているに違いない。

先日、大変お世話になっているライター/コーディネータの畠中氏にご招待をいただき、
銀座にオープンしたベジタブルダイニング「やさいの王様」プレス限定オープニングレセプションに顔を出した。

・ドリンク: オーガニックワイン(チリ産 ピノノワール種など) 
ヒアルロン酸&コラーゲンカクテル:ローズヒップと カムカム アルコール抜きも可

・サラダバー: 3種のドレッシング(ゆず香味だれ、ナッツソース、藻塩)
小豆色をした藻塩、なんとミネラルが自然塩の10倍!ヒジキやホンダワラが原料で兵庫県産。

・たまねぎだけで作ったもっちりハンバーグ

・里芋のほっこりバターソテー

そして!なんといってもその晩のメインイベントは 野菜のしゃぶしゃぶだ。

お好みでコラーゲンボール&ヒアルロン酸ジュレを追加し、〆は稲庭うどん。

やまぶしダケ、黄金たもぎダケ、ジャンボエノキ しめじなど数種のきのこを最初に投入し、

とうみょう
おくら
にんじん
ラディシュ
レタス

などを、おお・・・ビタミンCが失われちゃうんじゃないか・・・と心配しながら数分しゃぶしゃぶし、鶏がらベース&大葉ペーストの絶妙なコンビネーションが圧巻の特製スープにディップして頂く。

デザートはとうもろこしの滑らか豆乳プリン(とはいっても牛乳入り)。

やさいの王様 (The King of Vegetables or better translated as Veggie Kindgom ?) の野菜づくしフルコースで、またしても己の野菜観が揺さぶられました。2009_0629200901220009 2009_0629200901220013

2009_0629200901220016

王国 パラダイス、といえば、その日の午後に訪れたMauboussinの銀座店。

2009_0629200901220007 2009_0629200901220008

ここは、銀座の中央通りの一等地、ユニクロの隣にお店を構える、いわずと知れたフランスの老舗トップジュエラーなのだが、店内は、まさにユニクロカラーばりにカラフルで、銀座ミキモトビルのあのライト・ピンクをあしらった天井や遊びゴコロ溢れたインテリアたちにうっとりする。
一番のお気に入りアイテムのチェアは、Alice in Wonderlandに登場するトランプマンたちのフォルムのよう。トップフロアは近未来的なスペースが広がり、3階建てのフロア Storiesに、それぞれのストーリーとコンセプトを持っていて、一つ一つのジュエリー作品が秘める愛する人へのスペシャルな想いやメッセージを存分に引き出している。
まさに、Innovation と Tradition 伝統と先進性をRepresentするブランドの一つといっても過言ではない。このフラッグショップのアートディレクションはパリ在住の黒田アキさんが手がけたそうで、????万円もするジュエリーに囲まれながら、ご案内頂いたMauboussinのひとみさんのその優しい物腰や眼差しに、とろけそうになった。
その後、有名なスパニッシュレストラン「エスペラント」でランチをご一緒した次第。

ちなみに ”veg out”とはは「まったりする」と言う意味。
映画「­プリティ・ウーマン」のジュリア・ロバーツが、長い脚をバーンと投げ出してばたばたやりながら、寝っころがって、シャンパンといちごを頂いていたシーンが印象的だった。

それにしても、私の傍らで例の野菜づくしのフルコースを味わっていた20代前半の女子たち、きっと翌日のお肌は私の数倍もツルンツルンになっているだろう。

ヘルシーとはいっても、夜遅くの飲食はやはり禁物。私の体重は前日のプラス0.8キロを記録していた!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.06.26

You are what you eat n drink...cliche but true...

手相を見てもらいました。
占いデビューは32歳!というレイトスターターの私だが、
2回目の占い(!?)は一ヵ月後、
しかも見てもらった有名人は・・・

ヒント:
ささここは何処でしょう?2009_0625200901220018 2009_0625200901220011

銀座一等地の高級ブティックCHANELの屋上の光景とは思えない。

木曜日のお昼前というのに、人、人、人。

香港で見たカオルーンCHANELビルを髣髴とさせるような、ブランドロゴがこれでもか~と付いて2009_0625200901220017いる 「自己主張型」ビルを横目に、マルシェに群がり、試食に夢中だ。

岩手プレミアム短角牛
こめたま(青森 卵)
醸造酒 (京都)
トマト メロン(茨城) ビワ(長崎) 桃(山梨)
ハーブ ワイン (山梨)
仔牛(北海道) ウサギ(長野) 仔豚(血ア) 真鯛(鹿児島) ウニ(青森、北海道) 宝彩海老(三重) などなど。

銀座マルシェ ド アラン デュカスは大盛況。
Le Marche d’Aain Ducassse en plein coeur de Ginza 
venue: Le dardin de Tweed

その後、恐れ多くも、豪勢な昼食会にまで参加させて頂だいたのだが、私の隣に着席されたのは、築地ミクリヤのやさいコンサルタント内田悟さまではないか!彼の講演会は何時も満席でなかなか受講できないという評判ぶり。美味しい旬の素材をふんだんに使ったフレンチを堪能しながら、野菜やその栽培、調理に関するフリーレクチャーを受けることができた。

満月のとき根菜類が育つ所以
地中海野菜ベルトの話 
野菜は切り方によって味が違う

などなど 目からうろこの、今までの私の野菜観を360度ひっくり返してくれるベジ・バナ。

これだけでも凄いことなのに、私やテーブルに同席されたフードジャーナリストさんの手相を見て、健康状態を言い当ててゆく!己の取材魂に火が付いた瞬間。肝心の診断結果だが、私は右の腎臓に負荷がかかっているらしく、アスパラガスまでプレゼントいただいた!なんでも粘りがある食材、おくらやモロヘイヤなどは肝臓や腎臓に宜しいらしい。

2009_0625200901220025

野菜博士の内田さん、非常に自然体で謙虚なお人柄なのに、お茶目な一面も。

「日々、体(とりわけ肝臓や胃)を酷使してるんです いけませんね・・・」と私。

「でも楽しいんでしょう、それでいいんですよ」

「ハイ!恋していますから!!」

「・・・。」

私のストレート且つとっぴな答えに、肩をすぼめ照れ笑いされてました。

その後、半蔵門で番組会議を終え、北参道にある、和食の隠れ家レストラン「一凛」へ向かう。
2度目ののフルコースタイムに突入。
一日にして、成人「男子」の必要なカロリーをクリアどころか
2日分くらい行ってしまった。

2009_0625200901220016 2009_0625200901220010

2009_0625200901220020 2009_0625200901220014

金曜日夕方は、美食の国イタリアのイベントに行ってまいります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)