« photogenic? photopholic? | トップページ | Coco »

2009.08.02

you are the message...

6月末にブログデビューをするも、その後約2週間ほど「失踪」し、
復帰宣言した次の週、マタ消えた・・・

・・・モナコから戻ってまいりました!!

というのは半分嘘で半分真実。

先週一週間はひたすらモナコの猛勉強し、1・5日間ろくに寝ず、それほど食べず、勿論バレエもできず猛烈モナコ漬けだった。徹夜をした次の日、夕方6時をまわると流石に意識が朦朧としてろくにタイプも打てなくなる。あぁっ・・・とヨガマットに寝ころび、気づいたら7時。その一時間の睡眠がどんなに作業の猛チャージ・ジャンプスタートをかけてくれたことか!自分のぎりぎりの限界と闘うことってこんなことなのね。その後も激しく仕事と遊びをし、2日連続で朝まで出歩いていた。そう、女性ホルモン生成時間を3日も逃した・・・。
ベストセラーの『体温を上げると健康になる』を書かれた斉藤先生にダメだしを受けるだろう。

にもかかわらず、非常にカラダが癒されたウィークだった。
それはマタマタ素敵な女性とランチから始まる。
その時間が訪れる前はコミカル&苦労シーン連続だったが・・・
五反田の「アリエッタ」という場所はトリッキーで、一番左にはベーカリー、その右隣にはピッツェリア、その隣にはホテル、その隣にはトラットリアがあるのだが、もう私、文字通り左から一つ一つ攻めて行ったのだった・・・。もうなんだか自分がコメディドラマの主役、アグリィベティちゃんみたいに思えてきた。カメラアングルでいうと、上から!主人公が一つ一つドアを叩き開けては、断られる、また次に進む・・・みたいな感じだろう。アリエッタの場所を地図で調べて、準備ばっちりだと思っていたが、全くの早合点。接尾辞をしっかり見よという教訓を得た。

汗がどっと噴出し、火照った顔を、素敵なスマイルで迎えてくれたのは、インターネットサービス・プロデューサー、代表取締役をされていらっしゃる粟飯原理咲さん。
WWWが誕生する前後、それこそ15、16年間にわたってインターネット業界にいらっしゃるウェブビジネス一筋の女性。

NTTコミュニケーションズ株式会社先端ビジネス開発センタ、株式会社リクルート次世代事業開発室・事業統括マネジメント室勤務、
総合情報サイト「All About」マーケティングプランナーを経て、2003年7月よりアイランド株式会社代表取締役。日経ウーマン誌選出「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」
2000年度ネット部門第1位、2003年度同賞キャリアクリエイト部門第6位受賞。

という輝かしいキャリアをお持ちで、女性起業家・女性社長として現代女性の憧れロールモデルでもある。

おとりよせネット  http://www.otoriyose.net/
レシピブログ     http://www.recipe-blog.jp/
朝時間.jp             http://www.asajikan.jp/
子育てスタイル     http://www.kosodate-style.jp/

など人気サイトを数々運営されていらっしゃる。

それにしても、人の笑顔ほど素晴らしい表情はないし、笑顔にも色々なタイプがあるが、
この人の笑顔は素敵過ぎる。5月のアランデュカス主催のマルシェ、その後の豪勢なランチ会の場に遡る。オーガニックな旬の素材を使ったお洒落なフレンチキュイジーヌ、そして同席いただいた毛利慎氏、売れっ子ライター安西氏、野菜博士ミクリヤの内田氏という強烈ラインアップにも関わらず、全神経を集中することができず、斜め45度くらいの角度から「ガンミ」(最近、同僚マリンから教えてもらった単語)していたほど、
ずーーっと気になっていた。その柔らくて癒し系の笑顔は、何でできているのだろう??

その彼女にお逢いしたとたん、そのコミカルエピソードから始まって話が途切れることなく、パンパンと飛び跳ね、(英語でモーターマウス Motormouth とは言いえた表現!)花咲いた。

人と人を繋ぐということ、感性の似たもの・媒体同士が創出するシナジー、メディアの役割としてのインターネットとラジオの共通点など、色々と考えを巡らしていたところ、普段気にかけていないのに、この瞬間に、何故かフッと浮上してきた言葉。
You’re the message!
大学時代の恩師の一人、通訳・翻訳をご指導いただいた井上久美教授の熱いお言葉。
コミュニケーションというもの、異文化におけるコミュニケーションのとり方等、ユニークで熱血ティーチングが印象的だった。はい、Theが付いているのがミソね、世界に一つしかない、固有で独自のものを表す。

大学一年生のオリエンテーションキャンプにて・・・
目の前に居る生徒の一人に向かって、手に持っていた小さなゴムボールを突然ポンと投げ、”不意打ち”をくらった生徒に向かって、「さぁ、こっちに投げ返して。次回はちゃんと取るのよ」とおっしゃった井上先生の姿、今でもしっかりと焼きついている。

貴方自身全て、自分そのものが唯一無二のメッセージなのだから、それを毎日感じて生きていきたい。

それから有難いことに、共に私の元にこぼれ落ちてきたもう一つのフレーズも。
卒業式に、カリー元学長からいただいた「make a difference in the world」というもの。

母校ソフィアの教え、心に響かせてまいります。

それにしても、、、、楽しい会話と最高にチャーミングな笑顔があれば、時間が流れているという感覚が無くなってしまう。9月の撮影会を控えローカーブダイエット中の私、お皿にてんこ盛りのパスタを食べちゃいました。
大後悔。

|

« photogenic? photopholic? | トップページ | Coco »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Emily, your interesting blog gives me food for thought and makes me go back to our Sophina Univ...
Please keep writing, sweetie.
I cannot wait to see you in two weeks!
xoxoxo, N

投稿: Nami | 2009.08.03 10:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519664/45817255

この記事へのトラックバック一覧です: you are the message...:

« photogenic? photopholic? | トップページ | Coco »