« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.25

photogenic? photopholic?

somewhere over the rainbow.....way up high.....

虹繋がりの大切な友人がいる。

初めてお会いしたのは出会いは昨年末、モエドシャンドンのイベントで酔っ払っていた私に対して、ファーストインプレッションで判断せず、その後快く会食に応じてくれた方。

青山学院近くの琉球中華レストラン「たま」で、意気投合(一方的な私の思い込みかもしれない)したお方。

ハワイで夜見ることが出来る虹、丸い虹、虹は場所によって色の数が違うなどなど(例えばアメリカなら5色とかね)などと、レインボートピックだけでも色々な引き出しを持ち合わせるお方。

フォトグラファー峯村隆三氏は、私が存じ上げている写真家の方々の中でも、カメラマン一筋のキャリアにも関わらず、専門分野外のトリヴィア知識量や好奇心が素晴らしい。
小娘のわがままを見守ってくれる彼の包容力・アクティブリスニング(音楽のように聴く)能力に、何より、自然体の飾らない性格に、癒されている。
2児のパパとしての子煩悩でチャーミングな姿も時折覗かせてくれたり。
王道のファッションブランドは勿論、グラビア・タレント系から、ミュージシャン、格闘家まで、その交友範囲には舌を巻く。まさに峯村氏の人間力・・・。

そんな、私が尊敬して止まない峯村さんの夢が詰まったスタジオ「ボンディーア Studio Bomdia」が、恵比寿にリニューアルオープン!!
http://stbomdia.blog61.fc2.com/

恵比寿から徒歩数分という絶妙なロケーション、恵比寿ガーデンプレイスを一望できる開放感溢れたホリゾンタルビューが何といっても最大の魅力。加えて、使いやすい大きさや、清潔感とヒップ感を兼ね備えたメイクルームやキッチンも好感が持てる。人々との刺激的な交流・出会いの場として、気の合う仲間とのプライベートパーティ会場として、アカデミックでアーティスティックなフォーラムとしても、存分に利用価値があって、まさに撮影所・スタジオ以上のポテンシャルを秘めた宝石箱・玉手箱。
峯村さんの魔法の手にかかってどんな素敵なスペースに変貌を魅せてゆくのか、そのプロセスに目が離せない。
ミネさん、9月のPHOTO SHOOTまでにカラダを鍛え上げるので、どうか綺麗に撮ってくださいね~!

流石に魔法使いカメラマンさんも、それは無理か・・・。

2009_0724200901220017 2009_0724200901220018

2009_0724200901220020 2009_0724200901220021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The wizard of oz...

今週木曜日。
表参道レクレルールの会場が、ギンギラギンの真っ赤に染められた・・・
伝統と革新に基づいて世界中のクリスタル・ガラスファンを魅了し続ける
ラグジュアリーブランドスワロフスキーがまたまたやってくれた。
不況と無縁の元気企業の一つとして、ギャルから熟年富裕層のココロを掴んで離さない所以がここにあるのかと、毎回その発想力に度肝を抜かれる。

映画The Wizard of Oz公開70周年を記念して、WBCP(Warner Brothers Cosumer Products)とCRYSTALLIZED TM-Swarovski Elementsがコラボレーションした輝きの展覧会 The Wizard of Oz Ruby Slipper Collection

ファッションエッセイスト フランス政府対外貿易顧問;
世界の医療団日本支部名誉委員会委員長 Medicin du Monde Japan;
石川県観光大使;
金沢21世紀美術館 国際アドバイザーなど、さまざまな役職をご兼任されるフランソワーズモレシャンさん、
プランタン銀座の山本巧社長と、
イベントにご招待いただいた 西牟田実氏とともに。

2009_0724200901220032 2009_0724200901220035

2009_0724200901220023

ため息が出るほどの精巧かつゴージャスで、世界で唯一無二の作品たちに囲まれて、幸せ一杯。靴フェチの私にはたまらない。
一つ一つ足を止めてショーウィンドウを覗き込み、指をくわえてみる様は、お菓子の国に迷い込んだ3歳児のよう。
お土産のUSBスティックをいただいて、まだまだ自分はコレで充分かしらと、納得・・・。

2009_0724200901220030 2009_0724200901220026

2009_0724200901220028 2009_0724200901220024 2009_0724200901220077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

amazing technology....smashing or what?

世界初の紅茶のエスプレッソマシーンに引き続き・・・。

コートヤード・マリオット 銀座東武ホテルのカフェレストラン「フィオーレ(イタリア語で花)」の入り口付近に、でかでかと設置されているのは

・・・ TA DA!! アイスメイキングマシーンとチョコレートファウンテン~

ランチバイキングでこれほどまでに興奮して、胸がドキドキするなんて、久しぶり。

小嶋氏は実に、私の感動のツボがよく分かっていらっしゃる。

2009_0724200901220012 2009_0724200901220013

2009_07242009012200112009_0724200901220014 2009_0724200901220015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.24

find yourself and be yourself- theres no one else on earth like you...

  どんより~した灰色の曇り空を見上げながら、晴れ晴れとした気持ちで仕事先に向かう。

ここのところ恋愛だとか人生だとかシリアス&ディープな話題ばかり勝手に投げかけているが、結局、自分の原点に立ち戻ることにした。いたってシンプルで簡単なことなのに、今までどれだけのエナジー、タイム(詰り友人の貴重な時間)、お金、主にアルコール消費量がかかったことか。でもそれも、そう、必要な「寄り道」「脱線」・・・。
皆様、お騒がせしました・・・!
私らしく、肉食。哺乳類、外資系、プチ体育会系として、自然体で生きてゆこうと。
こうしよう、こうあるべきだと考える、白黒ハッキリさせたい、スクリプトを用意する、期待する、などなど、そういった行為自体、不要なケースもあるのかもしれないと。

自分のピュアなファーストインプレッションを大切に、とおっしゃった河野葉子さん。

頑張り過ぎないように努力することだよ・・・。と、親愛なる同僚のマリンは繰り返す。「貴方は自分が思っているより強いのだよ。自分のことは自分で支える、それが出来るのに、その力に気づいていないだけ・・・」。大好きなYUKIの「JOY」という歌を口ずさんで、“偶然は必然で出来ている”というフレーズを贈ってくれた。(カミングアウトすると、私はJUDY AND MARYの曲は大学生のとき行ったカラオケ以来、一切聴いたことがない)

セックスアンドザシティーのキャリーならキャリーらしく。サマンサならサマンサの生き方。篤姫なら篤姫として生きる。それぞれの人生は、その人自身がその自分らしく生きるからこそ輝くものだと。

「この世に生まれて来る人はそれだけの力を持っている。そうじゃなければ、生まれて来ないはずです。」

そうおっしゃるのは、1897年創業の博多織元 岡野の5代目 岡野博一氏。

暖色系の上品なお着物一点一点を、吸い付くように眺める私に、博多織の歴史やそれぞれの作品が放つメッセージ、創作ストーリーなど静かに、熱く語りかける。

1000年のものづくりをテーマにした「千年工房」、今年2009年のテーマは、全ての根源である 「太陽」。

唐草模様を指差し、初めと終わりは繋がるもの=永遠・・・と、指で○を描きながら、仏教独自の思想である陰陽五行説に想いを託す。亡きお父様との最期の共作が、岡野さんのクリエーションの原動力。伝統と冒険心で躍進続ける彼の博多織ブランドの原点なのだろう。

表参道ヒルズ本館B3Fスペースは、京カフェ「紅蝙蝠(べにこうもり)」と銘打って、日本の和の魅力が凝縮されたエリアへと大変身。

博多織セクションのお隣には、「11種類20歳の私」をテーマに掲げ、様々なタイプ別の振袖が展示中。オリエンタル系、お嬢様系、姫系、エコナチュラル系、ダークファンタジー系、小悪魔系、舞妓系、昭和レトロ系などなど・・・???

金曜日の夕暮れ時、オープンバールでシャンパンを飲みながらドライフルーツをつまんだり、赤ワイン片手に砂肝のコンフィをつまみながらアペ(リティーボす)るのも最高だが、
京風のお茶屋さんでお茶とお菓子をいただくのも、中々おつなもの。

写真は、ティーエスプレッソラッテ。世界初の紅茶のエスプレッソらしい。

およそ8世紀の伝統に裏打ちされた博多織の技術が守られ、進化し続け、海外ブランドとして認められるのに、あと3世紀もかからないだろう。

あぁぁ、慣れない正座を30分以上続けていたら、足元がフラフラになった・・・!

2009_0724200901220048 2009_0724200901220049

2009_0724200901220053 2009_07242009012200502009_0724200901220059

2009_0724200901220058_2 2009_0724200901220068

2009_0724200901220069 2009_0724200901220062

2009_0724200901220066

| | コメント (0) | トラックバック (0)

positively british....

雨が降ったり止んだり、土砂降りになったり、晴れ間が戻ってカンカン照りになったり。
予測不可能で気まぐれな天気が続いている。
上記のメニューに「ひょう」も加わるイングリッシュウェザーや
一日に四季があるといわれるアイリッシュウェザーに思いを馳せていたら、街中でこんなものを発見。
ねずみ色の空と一体化した物体、コレはなんぞや??と思って中を覗くと、どうやらダブルデッカー・バーのよう。
数年前、一時流行った貸し切りタイプの二階建てバスが、渋谷・表参道エリアで潜伏中なんて、全く予想外だった。
似た様なコンセプトなんだろう、日本の夏の風物詩の一つ「屋形船」。昨晩、ヤカタブネデビューし損ねたが、
かなづちで陸地が心地よい私には不向きだからと、無理矢理言い聞かせる。
・・・ところでオランダ・アムステルダムにある移動する自転車バーは、
ここ日本ではビジネス的にも法的にも絶対あり得ないハズ・・・!?

2009_0724200901220070 2009_0724200901220072

2009_0724200901220076

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.22

The Magic Wand...

引き続き出会いに関連して・・・

今から7、8年前、それこそ、カリスマ美容師=フジテレビアナがブームだった頃
飛び込み取材した美容師さんに、今も御世話になっている。

ACQUAの小松えいこさん。2009_0714200901220001

取材・・・といっても、私がUrban Marketingの会社に居た頃、東京のオピニオンリーダーをリクルート&インタビューするプロジェクトの一環として、いたって不順な動機でありました。副店長へのプロモーション、おめでとうございます!

最近のヘビロテCD&ソング 激しくはまっているのは:

言わずもがな MJ The King of Popから Greatest Hits Album History

History Continues Disc 2

Little Susie
They don't care about us....
History

彼の悲報がなければこの曲、この歌詞、この一枚に「再会」することはなかっただろう。
一枚目は何度も何度も手にとってかけていたのに、今までスルーしていた片方の一枚。
これぞ人生のアイロニーというか不思議ミステリー・・・。

仕事はラジオとはいっても、音楽番組のディレクターではないので大それた、それこそ専門的なことは全く書けないのだが、初めて聴いたとき、その美しすぎる旋律に、内臓がガァーーンと揺さぶられるような衝撃を受けた。

情感豊かな歌詞に、マイケルの優しくて切ない、時には力強い歌声が乗って、今このタイミングでmyハートに響く。

ココに収められれて居るその他の名曲の数々・・・これも偶然だろうか、それとも必然?

You are not alone
Smile
Tabloid Junkie
Money
This time around

am i a big softie arent i?!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.21

they say everything happens for reason....plus some words to live by...

“you keep asking me the same (wrong) questions. the answer remains the same. if you always do what youve always done youll always get what youve always gotten. one modern defition of madness accepted by psychotherapists worldwide is this: doing the same thing over and over with the same result each time and expecting a different result. make changes or things will remain the same. you know this but you stick to to your unsatisfying routines. madness! “

Madness 正気でないこと。サイコセラピスト 心理療法上の定義では、同じことを毎回繰り返しては違う結果を期待すること・・・。違うアプローチをしないと変化は決してもたらされない。恋愛に悩み、疲れきっていた私を見て、Aussieの哲学家&ミュージシャンの友人がくれた叱咤激励のメール(しかもすべて大文字)。

それから数年たった今も、同じエラーを繰り返している。分かってはいるのだが・・・うーむ MADNESS。

先日、結城紬の会社の取締役という御偉いお方に、逢って2回目というのに議論を仕掛け、伝統(Tradition)と先進性(Innovation)の繋がりを力説しながら、「がちんがちんの鉄筋コンクリートのままでいるか、アルミになるかは、アナタ次第です」なんて言ってみたり・・・国家重要文化財に指定されている結城紬がこの世界から消えてしまったら、きっと私のせいだ・・・ 

その後、イベントに遭遇した知人にもかみついて、動きが悪いとごねてみたり、その知人の同伴者のがはははは・・・という馬鹿笑いに、「ハァー?!」みたいな嫌悪感を示してしまう始末。

そう、セックスアンドザシティーのキャリーの、あのなんともいえない困った表情を浮かべながら・・・両手はバーンと広げないまでも。

そんなココロの狭い不完全な自分を受け止め、メイクピース&フレンズしないといけないと思いながらも、そのさじ加減が難しい。自分じゃなくなった自分。

どんなことがあっても自意識・確固たる自分というものを捨てちゃだめ---親愛なる同僚から掛けて貰ったコトバに、今必死でしがみ付いている。

そんな、自分を肯定し安堵感に包んでくれるコトバの数々:

物事、起こるべくして起こる、起こるべきタイミングで起きるもの。人との出会いや再会においても同様・・・

可能性は自分で作り出すもの。運命は偶然ではなくて必然から出来ている。

人生において必要な寄り道は存在する。たとえその時は無駄に見えても、今ある自分はその寄り道があったからこそ。

ゼッタイ手に入れたい、掴みたいと思ってギュッと握り締めた拳の手。望むもの事への熱い思いが執着心に近づいてしまった時、その堅く握った拳では何もつかめない。その拳をそっと広げて自然体で居れば巡ってくるチャンスは掴み取れるもの。

などなど。  

「出会い」というのは、何があるか全くわからない人生の最大の歓び、一番の財産なのだろう。

私の仕事は、人と人を繋げること。よって数多くの人々と出会うことが大事なのだ、今までそう信じてきたけれど、大好きな押井守監督の言葉に、改めて考えさせられた。  

自分が人生の中で出会ったもの・・・決してその中でしか生きられないんだから。自分が関わり合いを持った人間を大事にするんだっていう、これから誰に出会うんだろうって言う期待感で生きるんじゃなくて、既に自分が出会った誰を大事に生きるのかって。そっちの方がよほど現実的であって多分可能性という言葉を正確に使うとすれば可能性が高いと思う。これから出会うかもしれない誰かを待つのか、自分が既に知っている人間と改めて出会うのかって、どっちが大事だと思う?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.19

colour me baad...

引き続きカラーに関連して:

2009_0714200901220016 2009_0714200901220014

2009_0714200901220012

イタリアン餃子を考案されたジローラモさん。六本木ヒルズケヤキ坂にオープンしたレストラン&バー「&」の名物メニュー、3色水餃子トマトソース Tre Colori Water Gyoza。そのほか イタリアン野菜ととろりチーズの焼き餃子 Italian Veggie Gyozaや博多ボッコンチーノ餃子(Hakata Bocconcino Gyoza)も試食させていただいた!オーナーの角氏、そしてご招待をいただいた外食ビジネスのドン、毛利慎氏に大感謝。

2009_0714200901220002 渋谷駅近くのフルーツ屋さん。 餃子もスイカもメロンも、先入観、偏見を捨てて楽しまないと・・・。

2009_0718200901220005 麻布十番のクラブLIME。オープニングイベント当日は満員御礼で、会場は熱気むんむん・すし詰め状態なのに、巨大水族館の中に身を置くと、暑さが半減されてクールな気分に。

2009_0718200901220002 レストランオープンに沸く六本木ヒルズ。毛利庭園エリアにさっそうと登場したジャパニースレストラン ARATA。金曜日の夜というのに、新川社長の予想をはるかに超える1500人のプレス関係者たちが祝福に駆けつけた。

2009_0718200901220013 渋谷の神山町にオープンしたばかりのイタリアンレストラン OH!NO!BUONO オーナーの大野さんは、琉球中華ダイニング 「たま」の料理長から長年の夢(野望?)のイタリアンのシェフに転身。フォトグラファー峯村氏、ご紹介を何時もどうも有り難う!  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

beautiful burnout...

ブログに戻って来た・・・
バカンスに行っていた訳でもなく、出張に出ていた訳でもなく、仕事に忙殺されていた訳でもなく、パーティー三昧だった訳でもない。
何ら変わらない一週間。

ただ、恋に激しく悩んでいた。病んでいた。

前に、人のカラダは自分の意識で変わる、退化も進化も己の努力次第と力説した。最近では、バレエの先生に貸して頂いたドイツ製の強力ゴムベルトを使って、脚を上や横に持ち上げては引っ張る、横や縦に開いては引っ張る、みたいなことにはまっている。

しかし恋愛においては、自分の意識を超越した「何か」にコントロールされ、自分の軸がぶれてしまう。

LOVESICK期間は、目や耳、鼻、口、皮膚などを通してカラダの中に入ってくるあらゆる刺激や情報も、何時もと違ったプロセスで処理されている。
体の全ての細胞がからっからに乾いてみずみずしさを失う。
一時的な感性麻痺。クリエイティビティの枯渇。

ブログを書く原動力や意欲が削がれたというより、何も書けなくなっていた・・・。
(英語でいうと Writer’s Blockとでも言うのだろうか)

日々体験する、プチ・アンラッキーな出来事も一層悲劇的に映り、益々コタえる。

例えば・・・

大好物の素焼きアーモンドがタッパーウェアのなかでしけしけになっていた
超ヘビロテのCHANELのアイシャドー(メイクアップスタジオのみで販売の限定品)が粉々になっていた
次回レーティング候補として猛烈に取材依頼をかけていた著名人から、NGの返事が来た
これまたヘビロテZARAの真っ赤なチュニックワンピが、タバコの火でこげついて穴が開いた

などなど。

恐れ多くも、私のブログをご覧になった皆さんは、「精力的」「パワフル」「元気が出る」とおっしゃるが、それま全く逆方向で、パワーを貰うのは私のほうだ。

先日お会いした、カラーコンサルタント(Colour coordinator and  therapist)の河野葉子さんもそのお一人。COLOURの伝道師、河野さんから、カラーにまつわるレクチャーをいただき、自分のカラー観が一変した。

あなたに似合う色(Personal Colour)はFavourite colour 好きな色とは違う点。
そのパーソナルカラーは、120色のドレープ(色布)を顔に当て肌、眼、髪の色、顔立ちなどで診断されるそうだ。
そして日々、毎時間、毎日、毎週、毎月と変わりゆくもの・・・。

「人間は目以外でもカラーを感じることができるのだけど、どこだと思う?」との彼女の問いに、

「脳ですか?」と私。

「そうね、近いけれど・・・。実は肌なの」

色が人の心理状態に何らかの作用を及ぼすということは周知の事実だが、逆のパターンもあって、私たちは色というツールを使って無意識にメッセージ、ステイトメントを発していることもある。

恋愛状態のときは・・・?

私の場合)

脱 黒&モノトーン&無地宣言。↓のようなアイテムにシフト

ベイビーピンクのタイトなベアトップドレス
プロバンスのラベンター畑にお似合いの、白や花柄のロングワンピ
ギリシャ神話に出てきそうな、蒼いシルクドレス
マタマタ登場、スペインのマタドールも目をみはるほどの、ヴィヴィッドレッドのチュニックワンピ

などなど。

乾燥・敏感肌、アレルギー体質の私は、毎年梅雨や夏が来るのが嫌で嫌でしょうがなかったが、ココ半年、どんなに不規則で荒れた生活を送っていても、肌は全く荒れない。あぶら取り紙なんて云十年無縁だったのに、もう直ぐようじ屋のあぶら取り紙の出番か?!

Cliche、ベタな言い方だが、やっぱり恋愛の魔力なのだろう。

いい映画を観ると内臓にぐっとくるような感動を味わう。
クラシック音楽、とりわけピアノの音は、脳にすーーっと届いて集中力が高まる気がする。
そんな私たちが日々使っている五感を、最大限にフルに働かせて行う経験なのだから・・・・。好きな人を抱きしめると、カラダの中に電気が走ったように、熱く感じるとかね。
そういえば、英語のmesmorising や electrifying といった形容詞は、素晴らしいという意味。

カラーというのも、人間のあらゆるセンス、感覚器官をアクティブに使って感じ取るものなのだろう。

気づいたら、今週はブラックやモノトーンばかり着ていた・・・イケナイ イケナイ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.11

Tokyo the world's most liveable megaloplis...

大手町と池袋駅が苦手な私。実は全く複雑ではないのだが、中目黒駅も不得意ということが昨日判明した。スポンサーとの打ち合わせを終え、バレエスクールがある学芸大学駅に向かおうと飛び乗った電車が、車庫行きだったのだ・・・!
電車とホームの間に何度か落ちたことがあるというラジオパーソナリティーは知っているが、車庫に行きかけた、という人は、果たして周りにいるだろうか。
大慌てでドアをバンバン叩くも、すれ違う電車の乗客たちに冷笑され、むなしい。
ふと、真っ暗闇の地下鉄のホームに取り残されたヒロインの映画「Creep](0ジ34フン)や、キアヌリーヴス主演「SPEED」で、宙吊りになったエレベーターに閉じ込められた乗客のシーンが、脳裏にフラッシュバックする。

SOSの呼び鈴をガンガン鳴らしトークバックすると、数秒後、清掃のおじさんや駅係員が私のもとに駆けつけた。

前の日の晩。最近の辛い出来事を思い出し、思わず出た涙を拭いながら家路を急いでいると、商店街の交番のお巡りさんに「大丈夫ですか?!」と呼びとめられた。

池袋駅で、東京芸術劇場への出口が分からず途方にくれていたら、スーツ姿のおじさんが、劇場前まで連れて行ってくれた。

全てここ10日間の出来事。

東京生まれ・東京育ち、今まで数十年住んできた街東京・・・これほどまでにPeople friendlyな街は、世界のどこの都市にも存在しないのかもしれない。

先日Monocleの知人より、興味深いデータを頂いた。

The full ranking for Monocle’s Quality of Life 世界で最も生活水準が高い都市
.
1.Zürich
2.Copenhagen
3.Tokyo
4.Munich
5.Helsinki
6.Stockholm
7.Vienna
8.Paris
9.Melbourne
10.Berlin
11.Honolulu
12.Madrid
13.Sydney
14.Vancouver
15.Barcelona
16.Fukuoka
17.Oslo
18.Singapore
19.Montréal
20.Auckland
21.Amsterdam
22.Kyoto
23.Hamburg
24.Geneva
25.Lisbon

this year tokyo took third place!

2007年4位、2008年3位、そして今年も3位をキープ。16位に福岡、22位に京都がランクイン。

今週木曜日会食させていただいた、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の企画・広報部門エグゼクティブディレクター、加治慶光さんも手放しで同意されるだろう。
担当番組でも取材させていただいた、TOKYO 2016 Bid Committeeチームリーダーの石原東京都知事のお話やスーパー・エコフレンドリーなメガロポリス東京のポテンシャルや課題など、忌憚なく語りあった。

それにしても、東京オリンピック2016プロジェクトのそもそもの発端は、石原都知事とスティーブンホーキング博士の出会いにあったとは。

ホーキング博士によると、この宇宙には、我々のような知的生命体が存在しうる惑星は、約200万個あるそうで、なぜ地球に来ないのかという石原都知事の問いに、
「彼等が我々と同時に存在するとは限らない。宇宙の年齢に比べれば、人類が誕生してからの時間はほんの一瞬のこと。知的生命体は不安定になって消滅するのだ」と回答されたそうだ。

加治氏には、石原都知事が心を打たれた、作家の開高健さんの言葉もご披露いただいた。

「たとえ地球が明日滅びるとも、君は今日リンゴの木を植える」と。東ヨーロッパの詩人ゲオルグの詩の一節だそうだ。

写真は、会食場所、東郷神社近くにある地産地消フレンチレストラン 「I」の 有機野菜のテリーヌ!

2009_0707200901220019

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.09

survival of the fittest

「草食でも肉食でもない、和食を選びました・・・」

場所は、表参道交差点から程近い創作日本料理のお店 ICHIZU(イチズ)。

トキという鳥の生命の営み、とりわけメスとオスのラブゲームの衝撃のてん末に
大口を空けて”受けている”私を見て、前駐ルクセンブルグ大使で内外政策評論家の小嶋光昭氏は、かけていた眼鏡を外し、はし置きの横に置いた。そして嬉しそうに話を続ける・・・。

<放鳥トキ、佐渡は雄だけに  島に戻った雌、再び本州へ>

 環境省関東地方環境事務所は4日、新潟県佐渡市で昨年9月に放鳥されたトキ10羽のうち雌1羽を本州側の新潟県上越市で確認したと発表した。 放鳥された雌5羽のうち死んだ1羽を除き、雌はすべて本州に飛来。佐渡島には再び雄しかいない状態になった。 同事務所によると、トキは個体識別用に翼に着色された塗料から「個体番号13」の2歳の雌と確認。3日午後0時半ごろから約3時間、田んぼで餌を探していた。住民は「2、3日前から来ていた」と話しているという。 (6月4日共同通信)

<放鳥トキなぜ?メス全部海峡越え、佐渡はオスだけ 繁殖絶望>
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090329-OYT1T00469.htm?from=navr

情報をいただいた小嶋氏は現在、内外政策評論家(Policy Essayist on global and domestic issues)、 グローバル・ポリシー・グループ 代表(Representative, Global Policy Group)を務められており、日本のトップ外交官でいらっしゃる。日比谷高校、慶應義塾大学卒業され、1970年外務省入省、71年同大学院経済学修士課程(経済政策)修了。アメリカエール大学修士(国際政治)。外務省在職中は、前駐ルクセンブルグ大使(Former Ambassador to Luxembourg)、元駐ネパール大使(Ex-Ambassador to Nepal 1999年7月-2001年11月)などを歴任され、ルクセンブルクより、大十字章(Grand-Croix de l'Ordre de Merite)受章された、外交一筋のお方。

月曜日の夜、表参道で会食をご一緒することだけでも極めて恐れ多いことなのに、
レクチャーは、北朝鮮の拉致問題・防衛ミサイルの話から、ルクセンブルグ&ネパールの知られざる魅力、そしてなんと!恋愛にかける駆け引きにまで及んだ・・・。

ルクセンブルグには世界遺産が一つある。 もともと断崖絶壁の上に築かれた城を中心に発展した小国だけあって、旧市街も中世の趣が漂う。 
そんなルクセンブルグは第二次世界大戦中激戦エリアで、命を落とした米軍兵士はその数およそ5000人(イラク戦争は3000人)だとか。特産物はチョコレートだけではない、ワインやシャンパンの有名なブランドはベルナールマッサールといい、KINOKUNIYAで好評発売中。

そして!なんといっても強烈インパクトを与えてくれたのはネパールだ。

先ずは基本情報 (世界の国と人びと学習帳 より)

ネパール連邦民主共和国 Federal Democratic Republic of Nepal
首都カトマンズ
主要言語 ネパール語
面積14万7000キロ平方メートル
人口 2770万人
通貨ネパールルピー
ヒンズー教80.62パーセント 仏教10.74パーセント イスラム教3.6パーセント など
一人当たりのGDP 約240ドル
平均寿命 62歳
安全な水を使える人口 90パーセント
穀物自給率 106パーセント
CO2排出量300万トン
ネパール在留邦人数 450人 06年
在日ネパール人数 5029人 04年

8000メートル級の山が世界で10つある中で、その8つが存在するというネパール。
エベレスト登山者のためのエベレストビューホテル(宿泊ゲスト数は10名)は標高およそ3900メートルのところにあり、眼前には更に5000メートル高い山山が聳え立つ。
世界一(??)高い飛行場の一つルクラ(Lukla)はネパールの首都カトマンズから西へ150kmの町。既に標高は2840m、ここからエベレストベースキャンプまで単独トレッキングが始まるのだが、この飛行場にプロペラ機で降り立つときのすえ恐ろしさといったら・・・。
たった一本しかない滑走路は平坦でなく下り坂になっており、山の尾根を舐めるようにしてランディング。目の前にある山に向かって離陸し、その先は谷底。小嶋氏によると滑走路の傍らに事故に遭遇したプロペラ機が置いてあったそうな・・・。

そして、ネパールの王宮内銃撃事件2001年の王族銃撃事件

は、融和主義を謳っていたビレンドラ国王がその家族全員とともに殺害され、王弟のギャネンドラが即位したというものだった。

そんな人生観が揺さぶられるような壮絶な体験、冒険の数々をされてきた小嶋氏だが、
外資系・肉食女子の私の恋愛話にもお付き合いできるほど懐の深さ(+ノリの良さ)も。
男性の行動パターンを解読するためのヒントなど、お教えいただいた。

↓キーワードは御本人が命名:

マジハン (マジ・ハンティング) 
プレハン (プレジャーハンティング)

トキのメスを見習って、われわれ人間も動物的な本能に目覚め、自然に帰るということが必要とされているのかもしれない。ともかく私は、3年間、イチズに「マジハン」するミッション、猶予を与えられたのだった。

楽しい会食を終え、表参道交差点で別れ際私が目にしたのは、眼鏡をかけなおしたエリート外交官のきりりとした御姿。大使をリタイアした現在でも、常に日本国民を守る使命感に燃え、より良い日本を作るための政策を提言すべく執筆や講演活動をイチズに続けていらっしゃる。

そんな小嶋さんにとって、私という人間は、どんな国民に映っているのだろうか。

まずは私、山に登りたくなった!

2009_0707200901220010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.08

soon hot soon cold...

人を愛する一番得意な星座は、おひつじ座。

愛する人のためなら火の中水の中飛んでゆき、全身全霊彼を守る。
しかし、愛が覚めるとさっぱりさようなら。
某女性誌の最後にある「星座占い」に、こんなことが書いてあった。
喜んでいいのやら、悪いのか。さっぱり分からない。
私は星占いフリークでもないし、簡単な算数やチャートから割り出すような類の占いは、途中で面倒になって止めてしまうのだが、単純明快で、判りやすいものにはついつい目が行く・・・。
さて、今月号NEWSWEEKの世界が尊敬する日本人を拝見したが、
独自の視点と切り口で 選定、そして分析がされていて、実に読み応えがあった。
外交や人道支援、アカデミズムやビジネス、アート、カルチャーなど様々なジャンルから、
ボーダレスに、異文化の壁を越えて、それこそ西ケニアで、アイルランドで、ハリウッドで、北京で、活躍、評価されている日本人たちに迫っている。
北野
白州次郎
辻井
徳川家康
滝田洋二郎
知名度が、とえどうろう?

宮脇樹里 ティハウス
辻一弘 特殊メークアーティスト
勝彦 彫刻家
一郎 建築家
孝之 リバーダンサ
川崎和男 工業デザイナ 医学博士 カワサキデザイン」メガネブランドでお
泉 国連PKOデレクタ
モノ
ケータイ小説家
カワイイ大使
サヤ 人間ロボット
サツマ ミカン
ムサシ 吉川宮本武蔵」ポルトガル・・・

東京FM「ホンダスイートミッション」応援企画インタビュていだい台湾在住女優田中千絵ランクイン!しい  

写真は、愛読書マリクレールとEsquire・・・気に入ち、バックナンバ発売中だ。ユニーク且つコスモポリタンな感性とセンシビリティで社会を牽引してきた、歴史あるクオリティーマガジン次々は、非常に悔しい。

さらに。海外メディアの記事を多く掲載するクーリエジャポン7月号から最も興味深かったのは、フランス・ルモンド誌が特集したNPO法人「シブヤ大学」。
http://www.shibuya-univ.net/
この「シブヤ大学」、東京・渋谷の街にゆかりのある人々が「先生」となり、アートやファッション、ビジネスや暮らしの話、モノづくり、習いごと、社会見学まで、多岐にわたったテーマの授業を展開しているNPO法人。名称は“大学”だが校舎を持たず、映画館やカフェ、本屋、神社、公園、小学校など渋谷区の様々な施設が“教室”となり、渋谷区全体を“キャンパス”と見立てているのが魅力なところ。授業料は原則無料(※材料費などの実費が発生する場合は別)で、2006年9月の開校以来、去年の11月で授業参加者が1万人突破と、人気の高さもうかがえる。そんなシブ大から、より特定の地域に根ざした形で、学び・コミュニティの場づくりを実現しようと、恵比寿・表参道キャンパスが“開校”したわけだ・・・(エキサイトニュースより)
七夕の今日、星占いをまたまた読んでいたら、週末に突然の辞任を表明したアラスカ州知事のペイリンさんがパッと脳裏に浮かんだ。彼女の星座は何だろう?彼女の高音のかなきり声と、畳み掛けるようなトークが、ちょっと苦手。。。

2009_0707200901220016 2009_0707200901220015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

california dreamin'...

「(今日の最悪の運勢) おひつじ座のあなた・・・でも大丈夫。ラッキーアイテムは・・・・」

ここ2週間足らずで、最悪な星座に2度選ばれてしまうと、逆に笑ってしまう。

一ヶ月に三組という双子遭遇率。そしてまたまた、偶然の出来事に巡り合った。

何時も御世話になっているロサンゼルス観光局とポルトガル政府観光局の女性スタッフお二人が、同じ大学の学部の先輩・ソフィアンズということが判明!

私は、人と人を繋ぐ、という仕事をさせて頂いているが、各国の観光局や大使館、文化・教育機関、商工会議所、そして旅行会社等からのご協力無しでは、その実現に至らないことが多々ある。ハリウッド在住の徳永優子さんは、ロサンゼルス観光局さんからご紹介を頂いた。

とりわけ観光局や文化施設などは、大使館よりも入り易いし、資料やオンライン文献も豊富。その国に行った気分にはならないのかもしれないが、少なくともその国について勉強したい、行ってみたいという知的好奇心を喚起させ、「入り口」「きっかけ」として最高の環境だと思う。ネットでリサーチするのもいいが、足を使っての調査のほうが充足感も生まれるし、ネットで得た情報の信憑性を、そういった施設を通して確認することも大切なプロセスだ。観光局それぞれにカラーがあって、資料の種類やディスプレイ方法、力を入れているキャンペーン、スタッフ構成など見比べてみるのも面白い。

丸の内にあるロサンゼルス政府観光局

2009_0703200901220003_2 2009_0703200901220001_2 2009_0703200901220002_2

そのロサンゼルス観光局の方に連れて行って頂いた「CAFE GARB」

2009_0703200901220005_2

ここの内装はお洒落で個性的。なんといっても、ガラス越しに丸の内エリアをが見えて、開放的で心地いい。碁盤の目のストリートは幅が広くて、建築物もモダンで個性的なものが多い。どこか東京ではなくて、ニューヨークやロンドンの街のレストランに近いものを感じた。サラダランチをオーダーしたら、横に細長いプレートに、様々な種類のデリが綺麗に横並び状態。その発想力に度肝を抜かれた! 六本木ヒルズのモツァレラバーのサラダランチよりも「横長い」のでは。間違いない。。。

他にも、都会のオアシス的存在なカフェとしてお気に入りなのは、赤坂アークヒルズにある 「M Cafe de Chaya」  (from LA!)。今月号の「味の手帖」に紹介文を書かせていただきました!sorry- shameless self promotion....

2009_0707200901220004_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.07.04

onward and upward...

火事場の馬鹿力というコトバがある。

思いがけない災いがふりかかってきた。ダブルパンチ(double whammy) を食らった。板ばさみ状態(catch 22 situation)になった。・・・そういった逆境の時にこそ、真の人間の力が試されるのかもしれないし、困難に立ち向かっている人間の姿は尊く、美しい。穴から
這い上がろうとして発揮される人間のパワーは計り知れないもの、そう信じる。

幸福ばかりが人生の醍醐味じゃない、ということは、多くの方々がおっしゃっている。

先日の野田秀樹監督の記者会見@東京芸術劇場に同席された女優の大竹しのぶさんもその一人。「災いのパワー」というコメントが印象的だった。

カンヌグランプリを獲得された河瀬直美監督も、人間の悲しみや辛さ、切なさといった、云わば負の感情に興味を抱き、その中にストーリー性を見出す。

押井守監督も、「若者の憧れる自由や幸せ、それらを手にすることは、かえって不自由や不幸なことだ」とおっしゃった。

不完全であることが、美しい・・・。

今やテレビなどメディアで引っ張りだこの、ハリウッド在住ヘアデザイナー徳永優子さん。

一年半前にお仕事をご一緒させて頂いて以来、何度もインタビューにご協力をいただいている。

最近のインタビュー:http://www2.jfn.co.jp/flowers/wfn/2009/06/629.html

16歳から京都で着物を学び、美容家、和装トータルスタイリストとして雑誌、テレビ、映画等で幅広い活躍した後、渡米してロサンゼルス近郊のカレッジに留学。2005年渡辺謙ら日本人俳優も出演した「SAYURI」で着物コンサルタントを務め、本作品の衣装部門がオスカー受賞。その後ハリウッドで本格的に活躍するようになる。代表作として、トム•クルーズ主演「ラスト・サムライ」の着物指導パーフォマンス担当。また、ビヨンセ主演の「ドリームガールズ」、ジョニーデップ主演の「パイレーツ・オブ・カリビアン」のヘアを担当。  現在は、アメリカABCテレビの人気ドラマ「PushingDaisies」のファースト&セカンドシーズンのヘアーを担当。その傍ら、ロサンゼルスにて美容留学をサポートするKC Stylist Academy Inc. 創立、同時にヘアーサロン「KC Stylist Studio」を経営。第60回、全米のテレビ界でもっとも栄誉あると言われるエミー賞の「アウトスタンディング・ヘアースタイリング」部門にて、日本人として初めてノミネートされました。「PushingDaisies」で手がけた、髪を場面にあわせた特殊加工を施すエフェクトデザインが認められてのノミネートとなった。また最近までは、遺作となってしまったマイケルジャクソンのロンドンツアー2009用のコンサートで使用される予定だったビデオ撮影の為、一緒に仕事したばかりだった。これはおそらく非公開となる可能性が高い

彼女の輝かしいキャリアから全く想像がつかない、様々な苦労話を御伺いしたとき、体が熱くなったのを今でも覚えている。2001年に単身渡米した時お子さんもいらっしゃり、ゼロからのスタートを余儀なくされた。人間は夢中になると、悩み迷うことも、そんな余裕も時間もなくなる。夢を夢と思わず、それしかない、それしか出来ないと信じ、がむしゃらに、こつこつと、前に上にと進むだけ・・・。そんな強靭な精神とは裏腹に、とっても物腰が上品で、謙虚で、おだやかな語り口の徳永さん。近年はご自身のご活動に加え、ご自身の経営されるスクールを通じて後輩の育成にも力を入れていらっしゃる!

ちなみに、人生の醍醐味、どんでん返しストーリーの最高傑作は Coen BrothersのThe Big Lebowski です!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

it doesnt actually cost/take much to look fabulous....

最近L25の記事を読んでいたら、これからの季節、ジョギングなどのAerobic Exercise有酸素運動をするよりも、ストレッチや筋力トレーニング、体の内臓機能を鍛えるほうが効率的に痩せられるらしい。でもその内臓機能はどのようにすれば高められるのかについては、残念ながら詳しく書かれていなかった・・・。今週一週間、どういうわけか内臓が重たく感じる。どんよりとした曇りの空、じめじめとした湿気、そして長雨も、内臓に悪影響なのだろうが、そういうときに限って、仕事やバレエの先生の都合でレッスンに行けないことが多い。

明るい色の服を着る、好きな香水つける、ヘアスタイルを少し変えてみるなど、気分転換のツールは様々なのだが・・・。

イベント前に少し時間が出来たので、久しぶりに渋谷の西武・CHANELメイクアップスタジオを訪れた。

私は大変幸運にも、仕事を通じて、ファッション業界やタレントの方々にお目にかかり、直接に彼らのファッション観についてお話を伺う機会がある。

ポールスミスさんや高田賢三さん、ロンドン、パリ、ミラノ、そしてNY在住のファッションジャーナリストさん、東京FMホンダスイートミッションでお世話になったジローラモさん、シェイラさん・・・

皆様、とてもシンプルだが実践しやすいヒントを教えて下さる:

雑誌を見てセンスを磨く。
自分のロールモデルを見つけ、まずその人の真似から始める。
パリジェンヌは本当はそんなにお洒落じゃない! トレンドよりも個性重視 自分に本当に似合うものをよく知っている。
友達と服の取替えっこをし批評しあう
ロンドンのOL、ファストファッションブランド、古着やチャリティーショップを有効活用 パーティードレスはレンタル

などなど

ELLEの森編集長がおっしゃっていたのが、プロのアーティストにメイクを教わること。しかもフリーレッスン!

何時もメイクの指導をいただく 湊さんと。この日はパーティーメイクをレクチャーいただいた。

2009_0703200901220007 2009_0703200901220008

そして、CHANELといえば・・・今年はココシャネルの年、待望のココシャネルの新作映画の試写に行きます!
彼女の自伝もしっかり復習して、臨みたい!

chanel: her style and her life by janet wallach

2009_0703200901220014 2009_0703200901220015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A Midsummer Night's Dream... though summer is not here just yet....

東京生まれ東京育ちの私にとって、苦手な場所・・・それは、池袋駅とそして大手町駅。阿他かもスパゲティのようにその構造が複雑であり、出口もローマ字と数字を組み合わせてやたら沢山あるのだが、その割に標識や→マークが不親切で、分かりづらい。
面積にして、ロンドンのユーストンやビクトリア・ステーション、NYのグランドセントラル・ステーションの何十倍あるのか?ひょっとして、冬に零下20、30度にまで下がるという、カナダ・モントリオールの巨大な地下道並み?と思ってしまうほど。
すっかり迷路に迷い込んだ私、駅から徒歩数分の東京芸術劇場にたどりくまで、20分かかった・・・。

「東京芸術劇場 野田秀樹芸術監督就任 及び就任記念プログラム発表 記者会見」にご招待をいただいたのは、何時もお世話になっている、湯山玲子氏。演劇や野田監督に関して全く知識を持っていない私が、ここで何かを偉そうに書くことは不適切だが、湯山氏の言葉をお借りして、文化都市としての新たな東京の顔・ポテンシャルについて触れてみたい。

「池袋に東京都が運営する、東京芸術劇場という素晴らしい劇場があります。1990年にオープンし、これまでは主に貸し館として淡々と活動していたのですが、このたび7月1日より、野田秀樹を芸術監督として迎え、プログラムを一新。ベテラン、海外、若手の意欲的な演劇ラインナップを揃え、"攻め"の劇場として再スタートを切る、そのプログラムの全貌をご紹介します!ご存知の通り、野田氏は、かつては劇団夢の遊 眠社、現在はNODA・MAPを拠点に、約30年に渡って演劇界をリードし続ける劇作家、 演出家、俳優です。 その傑出した才能は、国内のみならず、近年ではイギリス、タイや韓国へと波及。共 同作業を経てつくりあげる作品は、高い評価を集めています。 この野田氏が、豊富な経験、世界的な人脈、才能への慧眼を駆使して、東京芸術劇場 を「さまざまな色がある劇場」へと変えていきます。初年度自主事業のラインナップ は、その第一弾にふさわしく、演劇の豊かさ、幅広さ、可能性を具現化した、賑やか で魅力的なものとなりました。」

ご登壇者:
野田秀樹(東京芸術劇場芸術監督)
劇団プロペラメンバー
大竹しのぶ、渡辺いっけい、北村有起哉
謝珠栄、香寿たつき、山崎銀之丞
岩井秀人(ハイバイ)、前田司郎(五反田団)、長谷川寧(冨士山アネット)
青木豪(グリング)、蓬莱竜太(モダンスイマーズ)
日比野克彦
秋山俊行(東京都生活文化スポーツ局長)

ただいま、イギリスから、男性のみの劇団「プロペラ」によるシェイクスピア劇「夏の夜の夢」、「ヴェニスの商人」が上演中。

真夏の夜の夢といえば。
先日御伺いした、マークジェイコブスジャパン主催のパーティーがそれだった。
数百人という出席者たちが、ダンスフロアや庭つきのオープンテラスに溢れ出し、
夜空の下、飲み、食べ、踊った。
梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばすような盛大な夜の宴だった。

2009_0703200901220006 2009_0703200901220011

2009_0703200901220009 2009_0703200901220013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.02

funny advert and some odd news... is yamamba back in fashion -in london?! no way...

http://www.bbc.co.uk/worldservice/haveyoursay/2009/06/090625_yourstorymanba.shtml

BBCのレポートによると、ずいぶん前に一世を風靡した「ヤマンバ」がロンドンの若者の間で流行っている?とのこと。ただ、「MAMBA]じゃなくてYAMAMBAですよ!(レポートを聞くとすべてMispronunciationである)。そういえば先週お逢いした外務省文化交流担当の門司さんもおっしゃっていたが日本のポップカルチャーは世界で根強い人気だというが。。。でも何故ヤマンバですか?! ちなみに今年の秋には世界コスプレサミットならぬものも開催されるらしい・・・。

i also heard that, not surprisingly, vegetarians are less susceptible to cancers....disturbing news to meat eaters like myself!

http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/8127215.stm

一部のがんの相対リスクが、ベジタリアンと肉食だと、ベジタリアンのほうが低かったというニュース・・・。

last but not least-  i took the photo of this advert on the train....amusing or what?

電車の中でこんな広告を見つけ、目が点になりました!

2009_0629200901220001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »